食器

【食器】安いのに高級感漂う!!カレーとパスタが美味しく見える和皿のまとめ

2018/04/09

最終更新日:2018-04-09

カレー、パスタだけでなく、蕎麦、うどん、冷し中華、etc・・・。和洋中オールマイティーに使える和皿を紹介したいと思います。

可愛さが人気。シンプルだからこそ料理が映える梅のお皿

落ち着いた風合い、藍色の鮮やかさで食卓を明るくしてくれるお皿です。

ほど良い大きさの梅の花は、具材ゴロゴロのカレーによく映えます。また、冷たいうどんを盛り付けると食卓が涼やかに。

もちろん、煮物の盛り付けも上品になるという使い勝手の良さが魅力です。

唐揚げやポテトサラダなどを山盛りすると見栄えが良いので、来客用の盛皿としても重宝します。

暑い夏が涼やかに。冷製パスタや冷やし中華が似合う皿

洋食器にも見えますが、れっきとした国産の美濃焼です。

この白地に紺色の水玉が涼しく見えて、蕎麦などの麺類を盛り付けると食欲が湧きます。

ご飯との組み合わせも良く、ちらし寿司やロコモコなど、次は何を作ろうかとワクワクする皿ですね。

シリーズものとなっていまして、丼や、小皿もあります。

でも、揃えるなら絶対蕎麦猪口。めんつゆや天つゆ入れとしてはもちろんのこと、湯呑やコーヒーカップの代わりとして使うのもおすすめ。粋なコースターを敷くと、それだけでお洒落なテーブルコーディネートができます。

いつも、食器の組み合わせに悩んじゃう方は、全種類揃えるのもアリですよ。

参考そば猪口はこちら

美濃焼なのに沖縄やちむん風が楽しめる大皿

やちむんのぽってりと厚く、大柄でいて優しい雰囲気が再現されたお皿です。

色合いもどこなくレトロな感じで、家庭的なデザインがとても素敵です。この落ち着いた感じが、ナポリタンと相性ぴったり。簡単に作れるものでも、中身を美味しく見せてくれるので不思議です。

しかも、ホームパーティーの盛皿にすると、とても目を引きテーブルが豪華になります。

実はサイズ違いもありまして、ワンサイズ小さい5寸浅鉢は、ポトフやおでん用に欲しいところです。

参考黒花 5寸浅鉢はこちら

おうちカフェに。ホワイトシチューが映えるお皿

薄い黄色だからこそ、白が映えるお皿です。深さがあるので、汁物、炒め物、揚げ物など、何を盛り付けてもしっくりきます。

形はオーバル(楕円型)。真ん丸皿と違い、カップや小皿など、小さめの食器とバランスを取って配膳できるので、テーブルがスッキリします。

表面がザラッとした素材なので、木のスプーンを組み合わせると、ナチュラルでおしゃれ。おうちカフェにもピッタリ。

ちなみに、今人気の健康食、「雑穀米」とも相性が抜群ですよ。

カラフルな色がさらに際立つ伝統模様のお皿

ツヤがある磁器というのは、どんなおかずも美味しく見せる、不思議な魅力があります。

特に藍色と白という組み合わせは、それだけで上品。地味な色のカレーに赤い福神漬けを乗せる。ただそれだけで高級感が漂います。

しかも、「緑」「赤」「黄」どの食材も、色合いの良さがアップ。美味しさと食欲がさらに増します。

日本の伝統模様「麻の葉」がデザインされたお皿は、カラフルな色を目立たせる働きもありますが、茶色ばかりの地味な色もゴージャスに変えてくれますよ。

たわみの形が魅力的。料理の盛り付けに自信が付くお皿

丸でも四角でもない、たわんだ形が珍しい深めの皿です。

割烹料理店を漂わせる艶がある青一色の無地のお皿は、煮物やお刺身も上品に盛り付けできるので、おもてなし料理にもピッタリです。パックのお刺身をそのまま乗せても違和感がありません。

料理に自信が無くても、このお皿が食卓にあるだけで、料理上手な雰囲気が作れます。

シンプルな変形皿は、料理を選ばずオールマイティーに活躍します。1種類でも持っていると大変重宝しますよ。

参考色違いの白はこちら

色違いで2種類の雰囲気が味わえる使い勝手がいいお皿

マットな黒と刷毛目のワンポイントで、落ち着いた雰囲気があるお皿です。

カレーやパスタだけでなく、メインの肉、魚料理とも相性バッチリ。わざと模様を見せるように盛り付けると、とってもカッコいいんです。

とにかく、持った時の手触りもとても良く、大きさも丁度いいです。

色違いの信楽風も、味わいの違う模様でおしゃれですよ。

実は私、このシリーズの小鉢を色違いで持っています。盛り付けしやすく、地味な節約料理でも映えるんですよね。気分で色を変えたりしたり、とても重宝しています。

最後に

食器の色柄ひとつで、食卓の雰囲気や料理のイメージってガラッと変わるものです。

たとえ、おかずの色合いが地味でも、使う食器によってモダンに見えたりするのもおもしろい所です。

「高い食器は良いもの」にとらわれず、安くても良いものを使うのも料理の楽しみのひとつ。

掘り出し物を探して、自分のイメージに合った食器をぜひ手に入れて下さいね。苦手な料理が楽しくなるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

-食器
-