食器

【食器】朝食や副菜に。苦手な料理が美味しく見えるお洒落ワンプレートのまとめ

2018/03/05

あなたは、食事の支度が辛いと思ったことはありませんか?

頑張っても美味しそうに見えないし、盛り付けもイマイチ。毎日のご飯支度が辛くて憂鬱。

そこで、

  • おかずを見栄えよく盛り付けたい
  • 料理を美味しく見せたい
  • 食卓をお洒落にしたい
  • 洗う食器を減らしたい
  • 余分な食器を増やしたくない
  • 食べ過ぎを減らしたい
  • テーブルコーディネートが苦手
  • 料理が楽しくなる

という望みを叶えてくれる、お洒落で使い勝手がいいワンプレート皿を紹介したいと思います。

少食さん・ダイエットのためのワンプレート皿

料理をつい作りすぎてしまう人必見のプレート皿です。

白の食器はどんな食材でも相性がバッチリ。ダイエット食もオシャレなカフェ風に早変わり。

深さがない浅いお皿は、たくさんの量を盛り付けられないから、食べすきもセーブできます。

たくさん食べられない人にも向いていますよ。

スーパーの半額惣菜を豪華に見せる楕円の大皿

角が丸い楕円のお皿は、テーブルコーデがしやすい形です。

少し深さがあるので、カレーやパスタを盛り付けてもいいですし、ステーキや焼魚、天ぷらなど、和洋中どんなおかずでもピッタリ合います。

家事や仕事で疲れた時、出来合いのお惣菜をパックのまま食べるより、このお皿に移し替えると、明日もまたやる気になれます。

食事の支度が手抜きになっても、頑張る人の食卓づくりを応援してくれる、お洒落なワンプレートが出来上がること間違いなしです。

子供の食べず嫌いが治っちゃうかも?かわいいくまさんプレート

大人も欲しくなっちゃう可愛さがある、くまさんプレートです。

陶磁器なので少し重たく感じますが、プレート自体は持ち上げて食べないので問題ないと思います。

耳の付け根が10cmほどあるので、小皿やカップを置いてもいいですし、フルーツを添えてもいいですね。

大人が使うお皿と違い、親しみやすさがあるので、集中してご飯が食べられます。少し食べこぼしても、大きなお皿がキャッチしてくれるので、テーブルを拭く回数を減らしてくれます。

あまりにキュートで、親子お揃いで使いたくなっちゃいますね。

残業で帰宅が遅いお父さんのために。レンジで使えるワンプレート皿

家族のために、毎日会社で頑張っているお父さんには、ホカホカ作りたてのご飯を食べてほしいと思います。

でも、職種によっては残業が多かったり、時間が不規則だったりして、冷めたご飯を温め直して食べている人もたくさんいます。

疲れているのに、お皿の数が多いと温めるのも、洗うのも大変で、何もやりたくないのは当然です。でも、やらなきゃいけない。

そこで便利なのが、レンジで使える樹脂製のワンプレート皿です。ラップをすれば、全部を1度で温められますし、洗い物も少量で済みます。

お皿の内側は白色で、外側がカラフルで可愛いので、コンビニ弁当よりも暖かみを感じます。

軽くて割れにくいので、お子さんの食器としても安心して使えます。

朝食にぴったり。少量を綺麗に盛れる木製ワンプレート皿

毎日朝ご飯を食べるけれど、少量しか食べられない人にぴったりの木製ロングプレートです。

お皿は仕切りが付いていて、3種類のおかずが乗せられます。

洋食であれば、「ブロッコリー・ミニトマト・スクランブルエッグ + トースト + コーヒー」の組み合わせ。

和食であれば、「梅干し・漬物・卵焼き + 味噌汁 + ご飯」の組み合わせ。

ご飯をこんなに簡単に用意できたら、ちょっと朝寝坊しても良さそうですね。

木製プレートのいいところは、食材の色を工夫すれば、木目が料理をオシャレにしれくれるところ。これなら毎日同じメニューでも、美味しく食べれられます。

最後に

品数が少ないシンプルご飯も、おしゃれな器に盛り付けるけるだけで、いつものご飯が美味しくなります。

料理が下手でレパートリーが少なくたって、盛り付けしやすいワンプレートなら、見栄えよく盛り付けられます。

ワンプレート皿で面倒な洗い物を減らして、毎日のご飯を楽しんでみませんか?

スポンサーリンク

-食器