調理のコツ

【調理のコツ】和食を簡単美味しく!!煮物やタレの味付け黄金比一覧

和食の味付けがうまくいかず、夕飯がついつい炒め物になりがち。

「味が決まらない」「味が安定しない」「しょっぱ(塩辛い)」

そんな悩みが解決できる、和食の調味料の割合を紹介したいと思います。

覚えやすく、食材を変えても応用が利く簡単比率なので、敬遠しがちな煮物も楽しく作れちゃいますよ。

煮物の味付け

参考下茹でいらず。炊飯器で大根と卵の煮物

  • 水・・100ml
  • 醤油・・大さじ1
  • 砂糖・・大さじ1
  • 日本酒・・大さじ1
  • みりん・・大さじ1

炊飯器を使った大根と人参の煮物(各4cm分)であれば、上記分量の1.5倍。フライパンを使った南瓜の煮物(大1/4個または小1/2個)であれば上記分量の2倍が目安です。

照り焼きの味付け

参考ふっくら茄子の照り焼き丼

  • 醤油・・大さじ1
  • 砂糖・・大さじ1
  • みりん・・大さじ1

茄子1本、鶏むね肉1枚であればこの分量で。豚肉やハンバーグとの相性も抜群です。

炊き込みご飯の味付け

参考ツナと生姜の炊き込みご飯

  • 米・・1合
  • 醤油・・大さじ1
  • 日本酒(またはみりん)・・大さじ1

甘めの味にしたい場合は、日本酒の代わりにみりんを使います。

卵焼きの味付け

参考味噌入り卵焼き

  • 卵・・1個
  • 砂糖・・小さじ1
  • 日本酒(またはみりん)・・小さじ1

甘めの卵焼きになります。食感をふわふわにする場合は、マヨネーズ小さじ1/2をプラスします。

最後に

味付けが同じになっても、食材が違うだけで違う風味のおかずになります。失敗無しの分量なので、料理がマンネリ化したら、ぜひ和食を作ってみて下さいね。

スポンサーリンク

-調理のコツ