調理のコツ 料理 節約レシピ

【調理のコツ】つゆだくが嫌い。焼き肉のタレを使った煮物を簡単に作るコツ

煮物のつゆだくが嫌い。でも肉じゃがを作るとつゆだくになってしまう。しかも、じゃがいもが煮崩れるというダブルパンチで心が折れそうになる・・・。

そんな人のために、つゆだくにならない「焼き肉のたれを使った煮物のコツ」を紹介したいと思います。

この方法なら、汁が少なめでもしっかりと味が染みますよ。

汁少なめ煮物を作るコツ

  1. じゃがいもやレンコンなどの具材を、食べやすい大きさに切る
  2. 油で炒める
  3. 焼き肉のタレを加えて炒め、味をなじませる
  4. 具材の1/3ほどの高さまで水を入れる
  5. 時々混ぜながら水分が無くなるまで煮詰める
  6. 具材が硬いようであれば、再び水を加えて煮詰める

炒めている時に、味がほぼ全体にしみわたっているので、水を加えて丁度良い柔らかさに煮詰めるといったイメージです。

根菜は種類によって火が通る時間が違うので、煮崩れしにくいニンジンは薄く切る、レンコンは水煮を使うか先に湯通ししておくといった、工夫が必要です。

汁少なめ煮物の調理例

じゃがいもと豚こま肉の煮物

節約の為に豚こまを使っていますが、牛肉に変えても美味しいです。

出来上がりすぐにこってりと味が付くので、日本酒が欲しくなります。

ポイントは、じゃがいもの火が通りやすくなるように、厚さ約5mmと薄めにカットしています。調理に慣れないうちは、根菜を1種類のみにした方が作りやすいです。

レンジで温め直す場合は、日本酒を振りかけてからチンするとパサつきません。

レシピ焼き肉のタレで新じゃがと豚こまの甘辛煮物

最後に

焼き肉のたれは、しょう油、砂糖、日本酒、みりんなどが入っているので、味付けに失敗することがありません。

たれの種類によって風味に違いが出るので、色々な焼き肉のたれを使ってみるのもオススメです。

「料理が苦手」「味付けに自信が無い」と悩むくらいなら、最初から味のバランスが取れている焼き肉のタレを使う方が、よっぽど美味しく出来ますよ。

スポンサーリンク

-調理のコツ, 料理, 節約レシピ
-