節約・エコ

【節約・エコ】あと何回使える?が気にならない、揚げ油を無駄なく使う方法

2018/04/15

天ぷらやフライの揚げ油。みなさんはどう処理していますか?

2~3回使ったのち、油固め剤で捨てている人が多いのではないのでしょうか。

私も今まではそうでした。

油処理剤って汚れた油を効率的に処分することができるのですが、油を捨てた後、鍋を洗うのが結構大変。

でもね、節約主婦としては、油処理剤を買うのも油を捨てるのも勿体ない訳で・・・。

そこで私が実践している、残った揚げ油の処理方法を紹介したいと思います。

この方法なら、「揚げ油って何回使えるの?」って気にしなくて済みます。

揚げ油の量を少なめにする

揚げ物は火が通ってくると自然に浮いてきますので、使う油は浅めで入れます。

揚げる量が少なければ直径が小さい鍋にするなど、工夫をしましょう。

フッ素加工だと洗いやすく、深めの鍋だと油ハネを防ぐことができるのでオススメです。

油は捨てずに使い切る

オイルポットを用意する

天ぷらカスをすくったからといって、鍋に油を入れっぱなしにしないこと。

オイルポットに油を移し、なるべく綺麗な状態で保管しましょう。

普段の調理はオイルポットの油から先に使う

炒め物をする場合は新しい油を使わず、オイルポットの油から先に使います。

毎日料理をしている間に徐々に古い油が減っていき、手間をかけて油を捨てる必要が無くなります。

油固め剤を買わずに済めば、多少なりとも節約になります。

再度揚げ物をする場合

古い油が少なくなった場合は、新しい油を継ぎ足して使います。

最後に

私はこの方法で、油を最後まで使うことができました。

天ぷらやフライの調理頻度が少ないのに、無駄に捨ててしまうのは勿体ないです。「汚れたら捨てる」から「使い切る」という考え方にシフトすると、節約ができますよ。

現在、ストックしてあった油処理剤をどうしようかな~と悩み中です。

スポンサーリンク

-節約・エコ
-