ズボラがちょうどいい。頑張らない手抜き家事のコツ

一人暮らし・共働き・主婦必見!!嫌いな家事を効率よく。苦手を克服するテクニックとアイデアグッズ・100均アイテムをまとめました。

生活雑貨

料理

【調理のコツ】冷めたフライや天ぷらが驚くほどサクサクに!!誰でもできる超簡単な方法とは

私はほぼ毎日料理をします。

料理は好きなのですが、さすがに毎日だと嫌になります。

なので、スーパーへ買い出しに行った時は、必ずと言っていいほど総菜の揚げ物を買って帰り、手抜きで息抜きをします。

揚げ物はサクサクが一番ですが、買って帰ったら必ず温め直すことになります。

でもレンジでチンするとフニャフニャと柔らかくなり、油が下に溜まって胸焼けの原因になるんですよね。

そこで、揚げ物がサクサクに生き返り、美味しく食べられる簡単な方法を紹介したいと思います。

フライをサクサクにする方法

最初にレンジで温める

  • レンジでフライを温めます。

※必ずレンチンして下さい。グリルで焼く前に温めておかないと、中が冷たく外が焦げ焦げになってしまいます。

次に魚焼きグリルで焼く

  • 魚焼きグリルの網にフライを乗せ、中火で焼きます。
  • 表面が乾いたらひっくり返し、裏面もサクサクになったら出来上がりです。

※焦げるようでしたら、弱火にしてじっくり焼いて下さい。

この方法を使うと水分が飛んで余分な油が落ちます。揚げたてに近い熱々サクサクの状態に近づくため、美味しく食べられます。

魚焼きグリルを使う理由

オーブントースターでも同様の効果が得られますが、魚焼きグリルは火加減が調整できるので、焦がさずに焼くことができるからです。

私はコレを使っています

 

魚焼きグリルは洗うのが大変なので、グリルに「ニューちょい焼きトレー」をセットして温めています。

「ニューちょい焼きトレー」は焼き魚に特化したグリル用のトレーなのですが、網の位置が天ぷらバットよりも高いので、火に近くなります。

コロッケや丸いメンチカツなら2個、豚カツなら1枚、鮭の切り身なら2切れ乗せられます。

それよりも量が多い場合はフッ素加工の天ぷらバットと使い分けています。

汚れるのはトレーと網だけなので、魚焼きグリルやオーブントースターよりも洗うのが簡単です。

※もちろん、魚を焼く時も使っていますよ。

最後に

育児や仕事で辛いなら、スーパーのお惣菜を簡単美味しく食べる方がいいに決まっています。

疲れたと感じたら、無理せず手抜きできる方法を、どんどん使ってくださいね。

スポンサーリンク

-料理