ズボラがちょうどいい。頑張らない手抜き家事のコツ

一人暮らし・共働き・主婦必見!!嫌いな家事を効率よく。苦手を克服するテクニックとアイデアグッズをまとめました。

調理のコツ

【調理のコツ】レトルトソース派さん必見!!鍋を変えただけでパスタが簡単美味しく作れます。その方法

パスタは、必ずと言っていいほど市販のパスタソースを使っているにゃんころげです。

なぜかというと、そこそこ美味しいし、作るのが楽だし、短時間で作れますからね。

でも、一番面倒だと思うのが洗い物。

ミートソースのように上にかけて終わりのものはいいのですが、ナポリタンやカルボナーラのような和えるタイプだと、鍋、フライパン、ザルが必要です。それだけで洗い物が1つ増えます。

ソースをレンチンしてお皿で混ぜてもいいのですが、出来上がりの見た目も大事。でも、鍋を2つも洗いたくない。

そこで、私がやっている、洗い物を減らしつつ、さらに美味しくする方法を紹介します。

洗い物を減らすパスタの作り方

パスタを茹でる

麺を茹でるのは、袋の裏に書いてある通常の茹で方と同じです。

お湯を切る

ゆであがったら、ザルにあけてお湯を切ります。

ソースを和える

茹でた鍋(洗う必要はありません)にパスタを戻し、油をまわしかけたら火にかけて軽く混ぜます。さらにソースを入れ、麺に絡めながら温めたら出来上がりです。

味付けは市販のパスタソースを使う

市販のパスタソースを使うと作る時間が短縮できるだけでなく、すでに適度に水分が含まれているので、鍋を洗わなくても焦げ付きにくくなります。

パスタとソースを煮詰めている間にザルを洗ってしまえば、残る洗い物はお鍋、お皿、フォークのみになります。

パスタソースはレンチンしない

パスタソースをレンチンすると、洗うお皿が増えてしまいます。

しかも、麺が茹で上がるタイミングを見計らっているうちに、焦ってソースをこぼしたり、熱いお皿で火傷する場合もあります。

ソースをレンチンせずにそのまま入れた方が安全で、鍋で温めながら絡めた方が美味しくできます。

ラップの節約にもなるので一石二鳥です。

鍋はフッ素加工のものを使う

鍋はフッ素(テフロン)加工で、フライパンよりも深さがあるものを使います。

ポイントは、パスタがくっつきにくく、ソースが飛び散らないということです。

なぜかというと、アルミやステンレス鍋では確実にパスタが焦げ付き、フライパンだとソースが飛んで、余計な掃除が増える可能性もあるからです。

ちなみに、私がスパゲティを作る時に使っている卓上鍋。直径が20cmで、カセットコンロに乗せれば、2人前のお鍋にちょうどいい大きさです。

これ、蓋のつまみにお玉が置けるので便利なんですよ~。煮物や天ぷらにちょうどいい深さなので、いつも大活躍です。

さらに美味しくするコツ

パスタは硬めに茹で、ソースが沸騰してから少し煮詰めると、味がしみて更に美味しくなります。

最後に

この方法で、火傷せず効率よくスパゲティが作れるようになり、ますますパスタソースが手放せなくなっちゃいました。

スポンサーリンク

-調理のコツ
-