ズボラがちょうどいい。頑張らない手抜き家事のコツ

一人暮らし・共働き・主婦必見!!嫌いな家事を効率よく。苦手を克服するテクニックとアイデアグッズ・100均アイテムをまとめました。

生活雑貨

調理のコツ

赤坂璃宮・総料理長直伝の簡単パラパラ炒飯で過去最高の出来に。その方法とは

2019年8月12日(月)に放送された「たいむとんねる~美味しい炒飯の流儀」で、中華の名店、赤坂璃宮の総料理長が「自宅でも簡単にできるおいしいチャーハンの作り方」を紹介してくれました。

その美しく絶品な出来栄えに心打たれ、どうしても食べたくなったので、我が家でも早速チャレンジしました。

パラパラ炒飯の極意

炒める前に卵とご飯を混ぜておく

ボウルに卵を割り入れてほぐしたら、卵かけごはんのようにご飯と混ぜ合わせます。

この時、卵を少し残しておきます。

追い卵をする

フライパンで卵混ぜご飯を炒め、米粒がほぐれたら、残しておいた溶き卵をかけてさらに炒めます。

追いがつおならぬ追い卵というのが、パラパラ炒飯の1番のキモです。

具材を加えるのはご飯がパラパラになってから

ご飯がパラパラになったら具材を入れて塩コショウで下味をつけ、さらに炒めます。

醤油はご飯にかける

醤油はご飯にかけて炒めます(鍋の縁で焦がしません)。

炒飯を作ってみて

  • 具材:雑穀米、ウインナー、ねぎ、卵
  • 調味料:塩、黒こしょう、焼肉のタレ、ごま油

冷蔵庫にストックしてあった冷たいご飯を、極ぬるめにレンジで温めておきました。

混ぜるのも炒めるのもキャンドゥのシリコンスプーンを使用。

米粒を殆ど残すことなく、卵混ぜご飯を綺麗にフライパンに移すことができました。

 

調理中はずっと強火でしたが、ご飯は焦げすぎず、ふわっとパラパラに仕上がりました。

ホロホロとしている分スプーンからこぼれやすいので、お皿を手に持って食べましょう。

モチモチしがちな雑穀米でも余分な水分が蒸発し、油っぽさもなく、さっぱりとした味わい。こんなに美味しくできたのは生まれて初めてです。

火力が弱い家庭用のガスコンロでこれだけ美味しくできるとは!!しかも、少量の油しか使っていないんですよ!!

テレビで美味しい炒飯のコツを伝授してくれるとは、総料理長イケメンなうえに懐も深いです。

最後に

コツも作り方もとても簡単だったので、次回はもっと上手くできそうです。

スポンサーリンク

-調理のコツ
-