ズボラがちょうどいい。頑張らない手抜き家事のコツ

一人暮らし・共働き・主婦必見!!嫌いな家事を効率よく。苦手を克服するテクニックとアイデアグッズ・100均アイテムをまとめました。

生活雑貨

調理のコツ

【調理のコツ】ヒガシマルのカレーうどんスープが1個だけ残ってしまった時の美味しい食べ方

2019/04/18

先日、ヒガシマルのカレーうどんスープを使ったところ、1袋だけ残ってしまいました。

うどんスープは6袋入りなのですが、カレーうどんスープは3袋入り。したがって、2人家族の我が家では必ず1個余ることになります。

またスープを買うのは面倒なので、残った1個を何とか有効に活用したい。

もしかしたら、炊き込みご飯にしてしまえば2人で美味しく食べれるのでは?と思い、和風ピラフを炊くことにしました。

でも、スープの素が1袋しかないのに、ちゃんと味が付くのかな?

そこはズボラな私。味が薄ければ塩か醤油を足せばいいし、味が濃ければ別に炊いたご飯を混ぜればいい。

万が一のために、冷蔵庫に白飯を残した状態でチャレンジしました。

炊飯器を使った簡単「和風カレーピラフ」

手間も材料もシンプルに。

具材は冷蔵庫にあったウインナーと長ネギを使用。

味付けはヒガシマルカレーうどんスープ以外何も入れず。

実際に炊き上がったら、意外や意外。想像より美味しくなりました!!

レシピヒガシマルカレーうどんスープで和風ピラフ

和風カレーピラフを食べた感想

見た目は鮮やかな黄色ではなく、茶系の色合い。でも香りと味はちゃんとカレーです。

関西風のうどんだしがベースなだけあって、優しい味の中にほどよいピリ辛さがあります。

ホロっとした口当たりもイイ感じ。

ズボラ飯として、十分美味しくいただけました。

最後に

手軽で美味しい便利なレトルト。

アレンジ次第で違う食べ方ができるので、余っても余らなくても工夫して使ってみてはいかがでしょうか。

料理のレパートリーが広がりますよ。

スポンサーリンク

-調理のコツ