ズボラがちょうどいい。頑張らない手抜き家事のコツ

一人暮らし・共働き・主婦必見!!嫌いな家事を効率よく。苦手を克服するテクニックとアイデアグッズをまとめました。

洗濯 家事日記

【家事日記】新品のシーツにカビ。意外と簡単な方法で落ちるって知ってた?

2018/12/06

5月も終わろうとしているのに、冷え性のせいで、なかなかあったか敷きパッドが手放せないにゃんころげです。

でも、本格的に梅雨が始まる前に普通のシーツに交換しなくては。

意を決して押入れからシーツを取り出したところ、点々と至る所に汚れが・・・。しかも、まだ開封もしていない新品のシーツがですよ!!。布団カバーと枕カバー合わせても、綺麗だったのはたったの1枚だけ。

  • 1度も使っていないのに買い替え?
  • なんか勿体なくない?
  • 布のカビって落ちないの?

節約主婦として、余計なお金は一銭たりとも使いたくない訳なんですよ。

そこで、綺麗になればラッキーということで、イチかバチか、シーツを洗濯することにしました。

用意するもの

  • カビたシーツ
  • 酸素系漂白剤
  • 洗濯洗剤

洗濯方法

  1. 洗濯機に、シーツ、酸素系漂白剤、洗濯洗剤を入れます。
  2. 洗濯機をつけおきモードにしてスイッチオン。
  3. 洗濯機が止まったらシーツを取り出し、乾かします。

洗濯で注意すること

酸素系漂白剤を使うと、洗濯層のカビも一緒に剥がしてしまい、布にカビが付くことがあります。

シーツを漂白する前に、洗濯層のカビ落としをしておきましょう。

洗濯後の保管方法

  • シーツやカバー類は、こまめに洗って清潔にしておく。
  • しっかりと乾燥させ、温度を下げてから保管する。
  • 押入れ用衣装ケースは引き出しタイプよりもロック式フタ付タイプを使う。
  • 押入れに入れる場合は、衣類圧縮袋を使う。
  • 除湿剤を併用する。

ちなみに、我が家の押入れには「引き出し型」「ロック式フタ付型」の衣装ケースがあるのですが、カビの餌食になったのは、引き出し型のプラスチックケースでした。

最後に

明らかにカビと黄ばみがひどいものは処分しましたが、比較的被害の少ないものは、期待以上に白くなりました。

もしも、家に漂白剤があるならば、捨てる前に洗濯を試みて下さい。

完全とはいかなくても、かなりカビが落ちますよ。

スポンサーリンク

-洗濯, 家事日記
-,