ズボラがちょうどいい。頑張らない手抜き家事のコツ

一人暮らし・共働き・主婦必見!!嫌いな家事を効率よく。苦手を克服するテクニックとアイデアグッズをまとめました。

生活雑貨

調理のコツ

【調理のコツ】お弁当作りの時間が大幅短縮。切りやすいしっとりサンドイッチを作るコツ

2019/04/18

サンドイッチのお弁当って、片手で食べられる手軽さがいいですよね。

時間が無くてもパパっと食べられるし、具材次第で栄養満点。

でも、作り置きだと具材が傷むし、食パンもパサパサになりそうだし、作るのに手間がかかる。

朝の忙しい時間に作る暇なんてないけど、サンドイッチが食べたい人におすすめなのがこの方法です。

ちょっとした発想の転換で、いつもより15分ほどゆっくりできます。

お弁当だけでなく、朝ご飯支度も楽になること間違いなしです。

夜に作る

サンドイッチは食べる前の日の夜に作り、冷蔵庫に入れておきます。

パンは冷蔵庫に入れると乾燥してパサパサになりますが、サンドイッチの場合はパンがしっとりします。

その理由は、挟んだ具材の水分が適度にパンにしみ込むからです。

しかも、しっとりしたおかげで具材とパンがくっつき、切った後に形が崩れにくくなります。

また、冷蔵庫で保存するため、傷みにくくなります。

ラップで包む

サンドイッチをラップで包みます。この時、ボリュームが出ないようにぴったりと包みます。

※2回包む(二重にする)と、安定します。

包み終わったら冷蔵庫に保存します。

ラップで包んだまま切る

サンドイッチを冷蔵庫から取り出し、ラップに包んだままカットします。

すると、具材が多くても、中身が出てしまうことなく綺麗に切れます。

お弁当にする場合は、一切れずつラップで包んでください(乾燥を防ぐため)。

実際に作ったサンドイッチ

ある日の卵サンドとツナサンド。

初めて三角に切りました。

ラップをはがして立ると、形は綺麗なまま。倒れることもありませんでした。

付け合わせを作り置きのサラダにしたので、当日の調理時間は5分ほどで終わりました。

レシピきゅうりと切干大根のパリパリサラダ

最後に

具材を下ごしらえする手間などは省けませんが、寝る前の隙間時間にサンドイッチを作っておけば、朝の忙しい時間にコーヒーを飲む余裕ができますよ。

スポンサーリンク

-調理のコツ
-