洗濯小物 洗濯 物干し 便利グッズ

【洗濯小物】ひと拭きで清潔。探す・洗う手間を省くオススメ竿拭きとは

2018/04/14

洗濯ものを干す時、まず一番に面倒だな~と思う事は、物干しざおを拭くことです。

シャツや小物はハンガーを使うのでいいですが、タオルやズボンなどは竿に直にかけるので、先に竿を拭いておかないと、洗濯ものが汚れてしまいます。

いちいち雑巾を出して拭くのも、汚れを落とすのも面倒。

  • すぐに拭ける
  • 洗いやすい
  • すぐ乾く
  • 吸水性がいい
  • 物干しにかけられる
  • 邪魔にならない

竿拭きを紹介したいと思います。

シリコン竿拭き「Teru」

てるてる坊主の中に、マイクロファイバーの雑巾が隠れています。

てるてる坊主はシリコン製で柔らかく、吊るしておくと、ゆらゆら揺れて可愛いです。

この竿拭きのいいところは、雑巾をカバーで隠しているので、「直に雑巾をかけるよりも汚れにくい」というところです。

また、吊るしておいても景観がいいというところです。雑巾をずっと洗濯バサミで留めておくよりも、ベランダがスッキリします。

ちなみに、雑巾は洗い替えが付いた2枚セットになっています。

SUSU「ベランダ見張り番」

マイクロファイバー素材、モップタイプの竿拭きです。モップと言っても細長で、竿に吊るすタイプです。

見た目はムーミンのキャラクターになりそうな、可愛い毛むくじゃら。

この竿拭きのいいところは、吸水性が良く、すぐ乾くところ。

竿がビチョビチョでも、一気に水滴と汚れを綺麗に拭き取ります。吸水力が抜群なので、何度も水を絞る必要がないのもポイントです。

エカンズ「つるしたまま使える竿拭き」

こちらもマイクロファイバー素材で。ボタンで留めてかけておきます。

この竿拭きのいいところは、ボタンを留めたまま使えるので、下に落下することがありません。

また、幅も広いので効率よく拭くことができます。拭きやすさは、こちらが一番ではないでしょうか。

色は、ライムとモカの2色です。

最後に

竿拭き専用ふきんなら、竿にかけておけるので、わざわざ雑巾を探す無駄な時間が無くなります。

マイクロファイバーは吸水性が良く、汚れが落ちやすいので、面倒くさがりな私にはピッタリだと思いました。

また、どれも見た目がスッキリしているので、ベランダがダサくならなくていいです。

スポンサーリンク

-洗濯小物, 洗濯, 物干し, 便利グッズ
-